So-net無料ブログ作成
検索選択

タオイズム [メモ書き]

社会にとって必要だという警告を、自己責任で公開していく事だ。

公的で無個性だがデザインではない。 己は消えているが我が宇宙を俯瞰で捉え伝える媒体。
エンターテイメント的有為ではなく、無為。

エログロは美術ではない理由とはまた別の目線で見れば、ものによっては十分美術である。
そう見えるものには何かしらの警告が映る。アラーキーの写真は美術だと僕は思う。

美術が不要、商売のためのポップに埋め尽くされかけているこの世界はかなりやばいと思う。
何も考えなくてもエンターテイメントに埋め尽くされ、単純な労働を繰り返し、愛する人ではなくゲームや愛玩ばかりを追いかけていてはこの世界は終わってしまう。
こんな恥ずべき状況は確かに老子の言う、欲望に限りはなく物欲だけではなく知識欲も追いかけてきた結果。
いや、そう仕立て上げられた結果が現状なのだ。

古い人だけれど、全く物欲をただ否定はしない僕だけど人間本来さが消えうせるほど有為が加速している。
そう何度も思わさせられる

戦争や搾取 はじめる様なディックヘッドははじめる地点でそうとうなディックヘッドなのだから、最初から僕は反対する。ディックヘッドな結果にしかならない。 表面的なディックヘッドも裏側でディックヘッドを育てているファッキンディックヘッドもどちらも。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

おじい

荒木経惟懐かしい。はじめて18歳の時に、奥さんを被写体にした写真集見たときは、良さがさっぱりわからんかった記憶がある。きっとそれはヌードが恥ずかしいものだっていう刷りこみがあったからだろうな。人も世の中も変わるね。良かったものが物足りなくなったり。あんなに胸震えた作品が、若い頃は涙が自然と出るくらいだったのに、それが過去の出来事になってたり。以前はどうしても許せなかったことが、あきらめか許容か、そいうこともあると思ったり、許せなかったことが楽しめたり。老いると鈍感になるね!
でもね、年取ると涙腺も緩くなるんよね。これも精神状態によるけど、悲しいじゃない涙がでる。だから、ちゃんと物創りに向き合ってゆく人は0にはならない。それに消えてなくなる娯楽も必要。あるからこそ、エネルギーになる場合もあると思う。

しかしあれだ、もすこし頭は使わなあかんね。
伝えたいことの半分もたぶん伝えられないや。この文章じゃ。
それに文章書いてて眠くなってきたもん。

あ、長くなっちゃった。

by おじい (2012-04-09 00:44) 

どいけんorDoiken

モノとして凝固されているモノは共時的であり通時的なモノであり年数にもよるけれど、必要な時代に必要な量だけ存在し続ける。そして枯れて消えてゆく。道の混沌へ帰ってゆく。

>良かったものが物足りなくなったり。

人間はまさに有為を見ている状態では、ないものねだりになってしまう。
が、それを否定するのではなく抑制しなければこの宇宙の本当の美しさは難解だと思う。  奇跡ではなく必然として広がっているこの宇宙。全てに敬意。
by どいけんorDoiken (2012-04-12 21:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。