So-net無料ブログ作成
検索選択

The kooks 大阪くるよ [Video Clip]



http://www.myspace.com/thekooks

Thu 12th Jan 2012 Blitz Akasaka, Japan

Fri 13th Jan 2012 Bay Hall Yokohama, Japan

Sun 15th Jan 2012 Sun Hall Osaka, Japan


出勤日に奇跡おきろ!



追記
http://www.sunhall.com/

チケットソルドアウトかよ!!
残念
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

瀬戸内寂聴 [日記]

久しぶりの休みで、これまた久しぶりにテレビを見ていた。

寂聴が東日本の津波被害地に行って説法する番組だったが、泣いた[あせあせ(飛び散る汗)]

四国の人は本当に大切な事を知っているわ。
自然で素直で、合気道の様な人間同士の気の流れを知っている。
そりゃどうしようもない人もいるけれど、僕の知っている四国の人はみんな立派だ。

彼らや寂聴の話は人の気持ちを持ち上げるでも、激励するでも、叱るでも、受け流すでもない、
一番の主題はその時に会った人に合わせて話している。

勉強なるわぁ~やし、なによりも感動して普通に泣いてもぅたし。。。

しかも、寂聴さんはどんな悪天候も晴れさせる事が出来るらしく。
彼女が説法始めると、土砂降り天気が途中から晴れていた。


一度会いに行こうと思った。


人を救う事を考える前に、まず自分
自分すら救えない者は人を救うことなんてできない。

まず自分を救い
どうすれば自分を救えるかと考えているうちに、
自然と他人を救うようになるのだろう。


一人では寂しいから他人と仲良くなりたい、、
けれどもどれだけ仲のいい夫婦ですら死ぬ時は別々じゃない。

夫婦ですら他人同士なのだから
結局人生は自分一人のものなのだ。

だからまず自分を大切にし、大切にし、
そう思っていれば仲間がどれだけ大切に見えてくるものか。


現実ってのは大抵どす黒い。

だから、寂聴さんの様なんたまに見かけるとほっこりするし、
これからも自分は色とりどりの世界にしたいなぁ~


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

世界は近くなった。 だから遠くなった。 [メモ書き]

なによりも大切なのは目に映り、触れられる領域だろう。
身近なヒトを大切にする事。それができなければ、どんなにおおきな志があっても
実現はしない。

情報からだけでは物事は絶対に前には進まない。
そこにモノがあるからこそ、モノは動く。

現実界とはモノそのものであり、情報そのものであり、万理自体であり、強烈な事実である。
精神はそれに対して柔軟に対処するために想像界と象徴界を連ねている。
想像界や象徴界(言語)から始まっていると人間は錯覚しがちだけれど、それ以前にあなたの
人体を構成する真実と脳内の情報空間を構成する物質があって想像界と象徴界はあるのだから。。


世界は直線ではない。円形のサイクルだ。
はるかむかしにユークリッドが証明した。この世界には直線は存在しないのだ。
人間は都合のいい解釈しかしない。それも現実である。



世界は近くなった。 けれども大切なモノは遠くなった。
家族や友人や知り合いの幸せを絶対にわすれてはいけない。
ラカンの言う欲望。 欲望とは「他者の欲望の鏡」なのだから、ひとりでも多く他者の幸せを思える世界にしたい。


Bob Dylan
Blowing in the wind


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メンタルと民主主義 [メモ書き]

先日Y氏と会話した。

民主主義は構造的にあり得ない考え方である。
人はそれぞれの役目を持って生まれており、その価値と生き様は決して資本主義からの独断から生きるのではない。

たとえ話をすれば、人体だ。 人体を社会と見立てれば、各細胞が個人とし、何億もの固体が生まれ死滅しやがてその一部に再生する。 たしかに人間が感じる意識とは違うものかもしれない。
けれども、その細胞が主導権を持っていれば、人体は人体として成りえない事は想像できるだろう。

物質は人間の安易な考えの上に成り立つのではなく、人間の想像よりも確固なそんざいであり、この世界の基礎である。 それを見聞きし判り感じ、天命を意識することがなければ、この世界に生きているものからすれば決して恒久に受け入れられ続けられることは無いだろう。

人間としての役目や共同意識は自然界には常に存在する。 残念ながら人間はその意識を知るものは今の世界にはいなくなった。 もう一度、人体の話になるが、細胞がもしも自分勝手に動けばその人はどうなるだろう。

然るべき秩序を持つ存在はあるのだ。 だけれども、然るべきではない存在に今は打ち負かされているのだ。 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。