So-net無料ブログ作成

雑草でも何でも喰える [日記]

世界経済が壊れそうですね。
壊れそうなフリしているのかもしれない。


食料は高騰しても、死なないように

今のうちに喰える雑草調べておこう。
タンポポなんて勝手に生えてるくせに、全部食べれるし。
ついてるアブラムシも蛋白源だ。謹んで食べましょう。


不況や恐慌、大変な乱世だけれども、

カルトが煽動するように「この世の終わり」なんぞは来ないのです。



カルトの教祖、それが教祖と言う名ではなく、会長やら本部やら呼び名は何でもいいが、
彼らが本当に神仏の声を聞く媒体であるのなら、もしくは組織の方針を決め出版物に
聖典の解説を引用し、それを書き記すのなら、

それはすべて嘘であると大抵の聖典自体に書いてある。

キリストですら、「惑わされないように気を付けなさい。多くの者がわたしの名によってやって来て、『わたしがそれだ』とか、『その時が近づいた』とか言うからです。そのあとに付いて行ってはなりません。(ルカ21:8)
なんて言っているのだから。。。



一生懸命家族のために働いて
まじめで普通の人こそ分かっている。

エロ本買ってよろこんでるナマクラ坊主や、
信者から巻き上げた金で生活し、巡回訪問などとぬかして現れるナンたら監督などなど

よくもまぁ、ぬけぬけと救済やら道徳やら。。。


しかし真面目なお坊さんも勿論います。


あぁ~話がそれた。 

 道草くっ。。。






乱れきった社会の中で自慰 [日記]

  ナニしとんねん。。。 やけどな

自慰と言っても
ワンク(Wank)の方を思い浮かべるのが一般的だろう。
思い浮かべても、むっつりしているのが一般的だろう。
友人といれば、「こいつアホや」というだろう。
一人で見れば、こっそり最後まで見るだろう。
公的な場で見れば、すぐに消すだろう。
しかし、そういう事がいいたい訳ではない。
文字通り自を慰めたいのだけれど、
それを記事にしてなんになるねんやけどなぁ





わたし、指は動くけれど握力が20Kg程度になる病気になった。
中心性脊髄損傷というらしい。 骨髄の中には太目の神経が通っている。
その神経の外側は下半身の制御装置で、内側には上半身の制御装置となっている。
それをね、なおればいいのだが、 いためたようだ 

脊髄の内部の内部、神経のさらに内側。
樹木の年輪なら最初の冬に君と過ごしたあの頃。
太巻きなら、かんぴょうの部分。
懐中電灯なら、電池の部分。
東京タワーなら、エレベーターの部分。
シャーペンなら、今出てきている状態の芯の部分。
死ぬまで綺麗な夜空を見ることのない、体の奥の奥の部分
竹ならかぐや姫がいた場所の、、、背骨の中の中の中の中の中

野球の赤星選手が引退理由になった病気になったのだろう

まだ疑いの状態で近く大きな病院で検査をするのだけれど、
一回目のMRIに思いっきり損傷が写っていた。

「おっ なんか写ってるやん」ぐらいのノリだったのは最初の頃だけ。
首にコルセットを巻かれてからというもの、初めてエライ事になっとるね。と気が付く。
どうもギターが弾きにくいと思っていたのも理由がわかった

竹原ピストルさん、オレを慰めてくれ



痛めたのは中枢神経。
一度痛めると治らないそうな。
完全損傷の場合、完全麻痺になるらしいが、一応指は動く。
タイピングはできる。
けれど、缶ジュースのプルトップは道具を使ってしかあけられない。
ボタンはつけづらい。
失ったのは指先の細かい作業。
中枢神経は代謝で再生しない。

重度の障害なら、勃起不全にもなるそうだ。
ぼくもペレになるのかな。。。

そうなると、きっとこの乱れきった社会の中で、、、、、




25歳の夏はリハビリなんかで終わせないぞぉぉぉぉぉ




タラタラしてんじゃねえけど、いいやつもいる [日記]

背骨のなかの神経を痛めて休養中

手が痺れてボタンもまともにつけられないのは、情けない。。。
MRIでスキャンしてもらったけれど、治るものなのか心配です。


ーーーーーーーーーーーー

公務員のチンタラ加減は腹立たしいと思うでしょ?

けれども、実はあの行動は叛乱分子をさがす目的と思えば理解できる。

もっとも顕著な現場が空港の税関である。

いきり立った若手が「おっしゃーー 麻薬摘発するぞぉぉぉぉ!!!」と
目くじら立てて必死になって、怪しげな人の荷物を片っ端から探している

そういう情熱的で熱心な公務員の摘発率は非常に低い。

なぜなら、麻薬であれハジキであれ密入を試みている人は地味であり、一見怪しくはない。

そして、そんなに引っ切り無しに荷物ひっくり返すような公務員には近づかない。

警戒されるわけですね


やる気のなさそうな、荷物も適当に空けて見てるか見てないかもいい加減なお役人こそ

的確に摘発する。


なんでも我武者羅がいいってコトじゃなくて、ここゾという時だけ集中する

流水の動きである。

誠実な公務員は実は古武術にも通ずる。


ーーーーーーー

My Opinion/ Nirvana


交通手段を待つ間に。。。 [日記]

僕の好きな戦闘機について



実は戦闘機が大好きだ。
スピットファイア、72式、メッサーシュミット、二式、ワイルドキャット、零、震電


敵戦闘機、爆撃機、母艦、局地を攻めるためにつくられた
タナトス。 破壊衝動を満たしてくれるおもちゃだ。

零戦は日本の職人気質の利点弱点を暴露してしまった。
あの戦闘機は組織の力ではなく、個人の力の機体でした。

上司、部下という組織図ではなく
一人前かひよっこしかいない。

零戦はパイロットを守る構造を犠牲に極度に軽量化された機体であった。
熟練パイロットならば、強力な武器だけれど
ひよっこパイロットが乗ると無駄死する武器であった。


指揮官専用機として運用されていればよかったものの
生産性から見ると零戦は量産に向いていた

マネージメントがなければ、猫に小判
せっかくのひよっこを消費してしまわなければよかったのに

ひよっこも生きていれば必ずエースパイロットになるのに



今思うのは、 現代も現場は時間が止まったまま
マネージメントを導入するだけでいくらでもひよっこを有効活用できるのにね

うちのばあちゃんのお兄さんも零戦で散っていった。
骨のない少尉のお墓は小学校近くに今もたっている。

我慢は人を成長させ、時には壊す [日記]

まずは落ち着くことが大切だな。

人の意見や考え方を参考にすることは大切だ。
けれど、もっと大切なのは如何に普通の状態を作るかだ。

生きていくってことは多少妥協してセコい事もせにゃならん。
かっこいいだけで生きている人間なんていないよ

悲しみと 絶望と 裏切りと 
命かけて 身を守り
身のために 命を削る

生きていこうと思います [晴れ]


そろそろ肉体を酷使するのも潮時かなぁ~
悲鳴が聞こえるその腰に
その肩に
その腕に
その指先に


生きてて何ぼ




先輩のバイクで通勤 [日記]

自転車をぬすまれた。

その話を先輩に言ったら、ここ2日間バイクの後ろで爽快疾風!

バイクに乗ると人格が変わるのは「こち亀」の中だけじゃなかったのである。

疲労困憊 [日記]

お寺の坊さんも参拝者には営業スマイル
金が絡むと中小企業

みんな死ぬ気で働いている

だから、たとえ日本の社会が非合理的でも
世界で一番仕事のできる民族である事には違いない。

あえてリスクを背負って冒険するより
白髪生やしながらまじめに生きている。

電車で寝て [日記]

ひさしぶりに実家

寝る。

平沢進 はクリエーターのあるべき姿 [日記]

今、僕はヒトラーのようなチョビ髭状態である。

暗闇の中で自転車が路肩に突っ込み、暗闇の路肩にひげの部分をぶつけて血が出て
その血が固まって真っ黒になっている。

帰宅する間に血が固まって、鏡を見ると髪型もあわせてアドルフ・ヒトラーに似ていた。

その臨時ヒトラーは平沢進さんの曲をマンドレイクからP-Model、それからソロに順々に聞いていた。

これは確実に言える。
  普通、音楽家は変化してゆく。
       けれども、彼の場合は進化している。

上を目指し、こつこつと、そして進化していく事は絶対に忘れてはいけない。
そして、睡眠も大切だ。


Spanking談含む

日記 [日記]

今日はすごくいい天気だった。
黄砂が大気を覆っているらしいが、よく晴れていた。中国で核実験をしている砂漠の土が日本に飛んできているとかもよく聞く。  
ぼくは、ものすごくくしゃみが出る。癌になるかどうかは数年たたなければ分からない。
ガイガーカウンターの作り方は分かったけれども、今の時代フィルムケースが手に入らないのが問題だ。だから作っていない。 放射能に負けないDNAである人種が残るのだろうかとか思う。

近所の子供達も元気に遊びまわって「こんにちは」と言う。「こんにちは」と答える。なんどもしつこく挨拶するので「もう、ええっちゅうねん」
と突き放した。 ガキ達は調子に乗らせたら手に負えない。 自分自身がそうだったから。
しかし、微笑ましいのも事実。

去年育てたオクラの種を撒いた。
この瀬戸内の辺りの土壌は、オクラの生産に適している。 去年休田地に黒いビニールで畝を覆って均等に種を撒いた。いわゆるマルチングという農法だ。マルチングは野菜以外の草が生えるのを防ぎ、高温多湿をつくり、害虫を防ぐためにやるのだ。 昔は藁でやっていた。 現代でもイギリスの特殊な人たちはダンボールでマルチングをする。 そのまた昔は、野生の草がその役割をやっていた。
生態系の原点に戻ると、それが植物にとって一番適した農法でもあるんだ。けれども、現代社会にとっては適しない。生産率が未知数であり、失敗例が多い。 永田農法というやつだ。 人間社会は実体性だけでは動いていない。 けれどもヘッジファンドなどの金融工学ほど、行き過ぎた概念は自然に破綻してしまうのだな。 リーマンショックだ。 それ以来、普通の精神を持っている人間なら誰も手を出さない博打だ。

しかしこのマルチングかましたオクラは驚くほど実を作った。 じつは、無精者な僕は種は撒いたけれど一切水はやらなかった。 それでもオクラとスイカはおいしく育った。それ以外、パプリカやピーマンやビートなどはあまり成長しなかった。
 水はやらなかったはずなのに、ものすごい勢いで成長して大量の実をつけたのがオクラだ。 食う分は取ったけれど収穫もせず、ほったらかしていたオクラの種が今年は大量にあったのだ。

今日はこの種を手当たりしだい撒き散らした。 マルチングやれば育つのは分かったから今度は極限までほったらかすのだ。 ルバーブ、ビート、スウェード、コーン、ハーブ類、放り投げてやった。 パンク農法だ。

食糧危機が懸念され、食品価格の高騰は避けられないと言われている。(すでに起きている) 人口爆発、70億に達した地球で食品はどれだけ流通するのだろう。 米国の農法は地下水ポンプ式で水源が枯渇しているという。ケロッグが食べられなくなるかもしれない。しかしそれは噂であって、検証は出来ていない。 その上金融危機ときたもんだ。 食品価格高騰の上に、収入減。 いわゆる飢饉がきていると思われる。 もちろんそれは一部の予測であって、ぼくの個人的な予測でもある。 実際どうなるのだろう。けれども人間は飯が食えないと何も出来ない。 水耕栽培をやるか?

と、思いつつ太陽の下、体を動かしDTMに没頭し、友人宅でモノポリーで遊んでボロ負けして、またDTMの合間にこんな日記書きながらビンラディンのニュースの胡散臭さを聞いている。 
自分のニュースの出所が悪いのか、原発の安全管理の会社がイスラエルの会社などと言っているらしい。嘘か本当かは分からない。新聞見ても、東電とその他の企業は諸々という扱いである。 
本当に音楽を作るって苦しい。 いいのが出来るか分からない。 けれども、いい音楽は知っている。

分からない情報に加担するわけにもいかんし、ある程度は距離を置いている。
おやすみなさい




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。