So-net無料ブログ作成
瞑想法 ブログトップ

そして、その瞑想法 [瞑想法]

象徴的な見方のレンズを通してものを見よう。物理的、感情的な障害は、すべて幻であることを忘れないように。つねに状況の「気的」な意味を探し求め、それに従って行動すること。日常の選択をよく観察し、それが自分の気系に与える影響について考える。これは、恐れや悪い方向に向かう思想に「気を奪われる」状態になったとき、それに勘づくのを助けてくれる。
 つぎの、心と身体の7つの聖なる真理をおぼえて、日々の導きのヒントにする。
 一.すべてはひとつなり
 二.互いを尊重すべし
 三.自分を尊重すべし
 四.愛は神なるものの力
 五.個人の意思をすて、神なるものの意思に従うべし
 六.真理のみを求めよ
 七.いまという瞬間に生きよ
 単純でありながら強い力をもつこれらの真理は、心、身体、それに霊の焦点を、神なる存在の意識との接点へともどすはたらきをする。これを基準点としているかぎり、力を奪われるような状況をすぐに把握するとともに、どの真理を尊重していないのかを意識レベルで認識し、自分の霊を自分のもとに取り戻してくることができる。
 つぎの実践としては、毎日の瞑想が欠かせない。その一部として、それぞれのチャクラに意識を向けること。最初に第一チャクラからはじめ、上がっていく。意識を集中しながら、つぎのステップを踏む。
 一、自分に問いかける。「自分は『気を奪われて』いるか?もしそうなら、身体のその部分から気をうばっている恐れは何か?」深呼吸をして、意識的にその恐れから自分の気を切り離す。
 二、各チャクラの気、または守護霊など、じぶんをまもってくれる気を呼び起こす。
 三、そのチャクラの気のなかに入るよう意識する。チャクラのある部分で活発になる気の活動はどんな性質のものかを感じとるようにする。
 同じように、各チャクラを進んでいくが、そのとき、つぎのような点に意識を向ける。
 第1チャクラ(尾てい骨の辺)では、自分がすべてのせいめいとつながっていることを感じる。それから、自分が生きることに合意したこの人生を祝福し、人生を織りなしている血のつながりのある家族、そして広い意味での家族に祝福を与える。
 第2チャクラ(性器の裏側)では、身体のこの部分から、創造する行為に向かって自分が放つ気を感じとる。自分の気が汚染されている、つまり恐れや悪性志向にみちていたら、自分の意図を見直すこと。人生で出会う人々は、誰もが神なる目的を持っていることを見るようにする。その神聖がはっきりと見えなくなったら、自分を支配している幻を見通すことのできるエネルギーを与えてくれるように求める。
 第3チャクラ(へその下)では、尊厳と忍耐の気に焦点を合わせる。自分の行動規範をチェックし、どんなかたちであっても、自分自身の倫理規範を曲げたことがあるかどうか考えてみる。もしそれがあれば、尊厳の意義について瞑想し、自分の基準を守れるよう助けを求める。そして、自分の尊厳を尊重するということを本気で行う決意をする。
 第4チャクラ(胸)では、愛と慈しみの心の気に焦点を合わせる。まわりの人間、そして自分自身に、どれだけ愛を与えているかを考える。とくに、許しという行為にある愛のエネルギーについて考えること。そして、自分をどれだけ大切にしているかを考える。
 第5チャクラ(のど)では、あわれみ、審判の気に焦点を合わせ、ほかの人びと、そして自分自身についてどう思っているか、その思考の質をチェックする。人に話した言葉を見直し、もし傷つけるような言葉をつかっていたなら、その相手に良い気を送る。もし偽りの言葉を口にしたならば、人を欺く行為をしたことを意識の上で認め、偽りの行為の源である自分の内面の恐れが何かを調べる。その恐れに光がさすように願い、そのような悪性のパターンに従って行動しない勇気をあたえてくれるように求める。
 第6チャクラ(おでこ)では、神なる存在の叡智と理解の気に焦点を合わせ、日にの生き方はどうかを考えてみる。混乱をもたらしたり、恐れを感じるような状況について、自分に叡智と理解を与えてくれるよう願う。そして、誰もが人生に貢献するものをもっており、みな必ずその道へと導かれるということをあらためて思い起こす。人生の目的を見過ごすことなどあり得ないということを忘れないように。
 第7チャクラ(脳天)では、神なる存在との接点の気に焦点を合わせ、未清算の過去を意識して完結し、それを手放す。神の気が、心、身体、霊の中にはいってくるのに委ね、自分の存在そのものにその気を吹き込む。


キャロライン・メイス著「7つのチャクラ」

。。。。。。。。。。。。。。。。\
この方法で瞑想してみて、自分のチャクラで気の流れが悪くなっている部分があれば、特に前回までの記事に載せた各チャクラのチェックリストで自己分析してみることもポイントです。



第七チャクラー霊性とのつながり [瞑想法]

1.これまでどんな疑問に対して、瞑想や祈りのときに導きを求めたか。
2.そのような疑問に対して、あなたが最も恐れる答えは何か。
3.神に感謝の気持ちを表すよりも、不平を言うことのほうが多いか。感謝するより、何か特定のことを求めて祈る傾向があるか。
4.特定の霊の道に身を捧げているか。もしそうでないなら、それを見つける必要性を感じているか。献身の対象として、何かを代用していないか。もしそうなら、それをリストアップし、自分との関係を評価してみること。
5.自分の神のほうが、ほかの霊の道の伝統よりも本物だと信じているか。
6.苦しかった経験について、神が説明してくれるのを待っていないか。もしそうなら、その体験をリストアップしてみること。
7.神があなたの疑問に答えはじめたら人生はどう変わるか、もしその答えが、「あなたの人生のいまの時点では、答えのヒントになる洞察を与えるつもりは毛頭ない」というものだったら、人生はどう変わるか。また、その場合あなたはどうするか。
8.瞑想をはじめたのに、やめてしまったことはあるか。続けられなかった理由は何か。
9.自分が守っていないとわかっている霊の道の真理はあるか。もしあれば、それをリストアップしてみる。
10.人生の変化の引き金になるかもしれないという理由で、神なる存在といまよりも親密な霊的関係をもつのを恐れてはいないか。

キャロライン・メイス著「7つのチャクラ」

第六チャクラー理性の力 [瞑想法]

1.他人の行動を悪く解釈してしまう原因となるような自分の信念は何か。
2.人との関係のなかで、繰り返し現れてくる否定的な行動パターンは何か。
3.自分から力を奪ってしまうようなものの見方、態度は何か。
4.自分で正しくないとわかっているのに、受け入れつづけている信念は何か。
5.あなたはすぐ審判を下してしまうほうか。もしそうなら、どんな状況、あるいは人間関係で、この傾向がいちばんよく現れてくるか。
6.悪い方向に向かう行動をとったとき、正当化するような言い訳をすることがあるか。
7.かつてない深遠な真理と直面し、自分がおびやかされる気がした体験はあるか。
8.自分の信念やものの見方で変えたいものは何か。それを変えようと決意できるか。
9.自分の人生を非個人的な見方で見ることに抵抗はないか。
10.覚醒した意識をもつ生き方を選んだ場合に起きる人生の変化を恐ろしいと感じるか。

キャロライン・メイス著「7つのチャクラ」

第五チャクラー意思の力 [瞑想法]

1.「強い意志をもつ」とはどういうことか。
2.人生で自分の意志を支配する力をもっている人間は誰か。また、それはなぜか。
3.ほかの人をコントロールしようとすることはあるか。もしあるなら、誰を、何のためにコントロールする必要があるのか。
4.必要な時には、自分を正直に、心を開いて表現することができるか。もしできないなら、なぜできないのか。
5.行動を起こすべき啓示を受けたとしたら、それを感じとることはできるか。
6.神なるものからの啓示について、恐れていることは何か。
7.自分の計画を助ける目的で祈っているか、それとも「天が自分に命ずることをします」と言うことができるか。
8.自分の意志の力を失わせるものは何か。
9.変わらなければならないのがわかっていることについて、自分と「交渉」し、行動を起こすのを先に延ばしつづけてはいないか。もしそうなら、それはどんな状況か、行動を起こしたくない理由は何かを明確にしてみよう。

キャロライン・メイス著「7つのチャクラ」

第四チャクラー感情の力 [瞑想法]

1.まだ癒す必要がある感情の記憶は何か。
2.人間関係で癒す必要があるのはどれか。
3.人や状況を操るのに心の傷を利用することはあるか。もしあるなら、それはどんなときか説明してみよう。
4.誰かほかの人の傷に操られたことはあるか。そういうことはまたあると思うか。そのようなかたちで支配されるのを防ぐために、どんな行動をとる用意があるか。
5.感情面で健全になることについて、何かおそれていることはあるか。
6.感情面で健全になることを、もはや親密な関係を必要としないことと関連づけて考えているか。
7.許しとは何だと考えているか。
8.あなたがまだ許さねばならない人たちとは誰か。その人たちにかかわる痛みを手放すの阻んでいるものは何か。
9.過去の行為で許しが必要なものは何か。あなたを許すように努力しているのは誰か。
10.健全で親密な関係とはどんなものだと思っているか。そのような関係に自分を開いていくのに、心の傷を利用するのをやめる気持ちがあるか。

キャロライン・メイス著「7つのチャクラ」より

第三のチャクラー内面の力 [瞑想法]

1.自分が好きか?もしそうでないなら、自分のどこが好きではないのか。自分の好き出ない部分を変えるように積極的に努力をしているか。
2.正直か。真理を曲げて話すことはあるか。もしあるなら、なぜそうするのか。
3.人に対して批判的か。自分を守る手段として、何かを人のせいにすることはあるか。
4、自分が間違っていると認められるか。自分についての人の意見に耳を傾けているか。
5.人に認めてもらう必要を感じるか。それはなぜか。
6.自分のことを強い人間だと思うか。それとも弱い人間か。ひとり立ちして生活をしてえいくのがこわいか。
7.愛しては居ないが、ひとりよりはましという理由で関係をもったことはあるか。
8.自分を尊重しているか。ライフスタイルを変える決心をしたら、その決心を守ることができるか。
9.責任を恐れているか。逆に、あらゆること、みんなのことに責任を感じるほうか。
10.人生がいまと違っていたらと望みつづけているか。もしそうなら、実際に変えるように何か行動を起こしているか。置かれている状況を甘んじて受け入れているのか。


キャロライン・メイス著「7つのチャクラ」より

第二チャクラー人間関係の力 [瞑想法]

1. 自分にとって創造性とは何か。自分を創造的な人間だと思っているか。創造的な考えを実現するよう努めているか。
2.創造性のエネルギーを、悪い方向に表現しようとすることはよくあるか。自分に意見を強調するために、「事実」を誇張したり、実際より良く思わせたりすることはあるか。
3.自分のセクシャリティと、いいかたちで折り合いがついているか。もしそうでないなら、そのアンバランスを癒す方向に向けることはできるか。セックスの快楽のために人を利用したり、過去に自分がそのために利用されたと思ったことはあるか。
4.いつも約束を守るか。尊厳を守るための倫理的なルールは何か。道徳的なルールはどうか。状況に応じて倫理的なルールを曲げることはあるか。
5.自分にとって、神なるものとは、人生で正義を実現する力であると思っているか。
6.あなたは人を操ろうとするタイプか。つねに力関係を操作しながら人間関係をすすめるか。力やお金に関する自分の立場ははっきりしているか。
7.お金はあなたを支配しているか。金銭的な安定のために、内なる自己の尊厳を侵すような妥協をすることがあるか。
8.生活していけるかどうかの恐怖が、自分の選択を決めることはよくあるか。
9.金銭や身体の生存に関する恐怖を克服するだけの強さをもっているか。それとも、自分の生き方や考え方のほうが逆に支配されているか。
10.まだこれから追い求めていくべき目標とは何か。それを実現するための行動を起こす妨げとなっているのは何か。

キャロライン・メイス著「七つのチャクラ」より

第一チャクラー集団の力 [瞑想法]

ためになりそうな部文をメモに残します。

【自己探求のためのチェックリスト】
1.家族からどんな信念のパターンを受け継いでいるか。
2.そのなかで、もう正しくないとわかっているのに、いまでも自分の思考に支配力をもっているものはどれか。
3.信じている迷信はあるか。そのなかで自分の理性よりも力をもっているのはどれか。
4.自分の倫理基準をもっているか。それはどんなものか。
5.その倫理基準を曲げたことはあるか。もしあるなら、それを癒すステップをとってきたか。
6.家族とのあいだで、何か未解決の問題があるか。もしあるならば、家族との関係を癒すことできない理由をリストアップしてみる。
7.家族から受け継いでいるとおもう自分の長所をあげてみよう。
8.世帯をもっている人は、子供に学んでほしいと思う自分の資質をあげてみよう。
9.自分で、また家族と一緒に、どんな伝統や儀式を守っているか。
10.自分の同族から受け継いだ資質で、さらに強め、育んでいきたいものは何か。

キャロライン・メイス著「7つのチャクラ」より
瞑想法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。